2010年03月26日

介護疲れで殺人未遂の被告に逆転無罪 大阪高裁(産経新聞)

 介護疲れから叔父の首を絞めて殺害しようとしたとして、殺人未遂の罪に問われた大阪府枚方市の無職女性(47)の控訴審判決公判が19日、大阪高裁で開かれた。湯川哲嗣裁判長は「ベルトで首を絞めたとするには合理的な疑いが残る」として、懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役4年)とした1審判決を破棄し、無罪を言い渡した。

 湯川裁判長は判決理由で、「首にベルトを周回させて絞めた場合、本来あるべき首の前後の傷がない」と指摘。「ベルトで首を絞めたと認定した1審判決には事実誤認がある」との判断を示した。

 女性は平成20年4月8日午後7時半ごろ、大阪府枚方市内の自宅で、介護疲れから叔父=当時(75)=を殺害しようとベルトで首を締め、皮下出血など全治2週間のけがを負わせたとして殺人未遂容疑で逮捕、起訴された。

【関連記事】
介護疲れで妻の首絞める 78歳夫を殺人未遂容疑で逮捕 兵庫県警
「老老介護」殺人で夫に実刑 同意殺人の成立認めず さいたま地裁
「殺して」と依頼受け…介護疲れの妹殺害で71歳兄に実刑 千葉地裁
「老老介護」殺人初公判 弁護側、同意殺人罪を主張
老老介護疲れ…83歳夫が妻の首絞め殺人未遂容疑

割引郵便制度悪用 守田被告2審も有罪、大阪高裁(産経新聞)
日本IBM4千億円の申告漏れ、国税が指摘(読売新聞)
事業認定取り消し請求を棄却=静岡空港訴訟で反対派敗訴−静岡地裁(時事通信)
原発賛成2氏人事案に署名?棄権?揺れる社民(読売新聞)
プロフ書き込みに因縁つけ暴行、中2の3人逮捕(読売新聞)
posted by カワゾエ エイイチ at 02:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。